株式会社新技術開発センター
PROENGINEERは、キャリアアップをめざすエンジニアの方々に役立つ情報を提供する
サイトです。
TEL 03-5276-9033 FAX 03-5276-9034
info@proengineer.jp
技術士・技術士補受験対策書籍出版 
新技術開発センター 
PROENGINEER 書籍 リンク 会社案内 買い物カゴ


技術士第二次試験 口頭試験 試問・応答事例集 第1巻
−解説と技術的体験論文つき−


- - - - -
技術士第二次試験 口頭試験 試問・応答事例集 第1巻−解説と技術的体験論文つき− - 書籍名 技術士第二次試験
口頭試験 試問・応答事例集 第1巻
−解説と技術的体験論文つき−
編著 TCI技術士第二次試験対策研究会編
発行 株式会社 新技術開発センター
価格 5,000円(税込)+発送料(80円)
体裁 A4判・約120頁
目次 ページ下部に記載
     
【関連講座】
 技術士第二次試験合格一直線コース(東京・大阪・名古屋)
 技術士第二次試験実力養成講座(東京・大阪・名古屋)
 技術士第二次試験完全合格対策講座(東京・大阪・名古屋)
 技術士第二次試験合格対策講座
 メール速習!技術士第二次試験必須科目択一問題トレーニング
 
     

“試験委員経験者”による、ズバリ合否判定の急所を突いた解説つきで、口頭試験の実際がよく理解できる。新試験制度の技術士第二次試験口頭試験受験者による実体験レポート集。試問・応答の内容を詳細に復元。技術的体験論文も可能な限り掲載。貴重な失敗事例も公開。総合技術監理部門の事例も収録。さらに口頭試験に合格するための重要ポイントを一挙に掲載。これにより口頭試験の万全な準備が可能となる。

本書の内容と特長

技術士第二次試験方法が平成19年度に改正されてから数年が経過した。平成18年度以前は、一部の部門・選択科目を除いては口頭試験の合格率が高く、筆記試験合格イコール技術士第二次試験合格と考えられており、口頭試験は余り重要視されていなかった。しかし、平成19年度以後は傾向が変化し、平成20年度、21年度も、口頭試験合格率は大変厳しい結果が続いている。さらに、平成22年度からは口頭試験における技術的体験論文の位置づけが一層高まり、技術士第二次試験合格のためには、技術的体験論文と口頭試験の一貫した対策を強化する必要性が生じた。
このように、口頭試験が真に重要な試験となり、技術士第二次試験は名実ともに筆記試験・口頭試験と2度あることとなった。これに伴い、その対策を望まれる受験者の方々が大変多く、その要望に従い本書を発行した。
本書の第1章では「口頭試験のすべて」として、口頭試験の基本的事項から、近年の傾向、基本的な試問内容、受験者が意外と勘違いをしている技術士等の義務および技術者倫理に関する解説、実践的な口頭試験対策の重要事項まで、口頭試験に合格するために知っておきたいポイントをまとめて一挙に掲載した。もちろん、総合技術監理部門を受験される方に必要な情報も網羅している。これにより口頭試験の万全な準備が可能となる。
第2章の「口頭試験事例 <成功事例編>」は、平成19年度口頭試験受験者による事例集である。実際に受験して合格者された方々による実体験レポートとして、試問・応答事例と技術的体験論文を可能な限り掲載した。さらにこれらに解説を加えることで、口頭試験の実際をより一層理解していただけるようにしている。また、総合技術監理部門の事例も豊富に掲載し、この視点による解説も加えた。
第3章は「口頭試験事例 <失敗事例編>」である。平成19年度口頭試験受験者の、貴重な失敗事例を掲載し、口頭試験での試験官の受け答えによる合否の判断材料を提供している。
本書に引き続いて「技術士第二次試験 口頭試験 試問・応答事例集 第2巻」も発刊。成功事例、失敗事例、併せて43事例を掲載してある。両書併せてご活用いただくことによって、口頭試験の合格は確実なものとなるであろう。
本書を発行するにあたり、新技術開発センターの技術士第二次試験対策講座の受講者の方々に格別のご協力を賜り、貴重な事例をご提供いただいた。ご協力いただいた受講者の皆様に心より御礼申し上げる。
最後に、本書をご購入された受験者の皆様の、ご健闘と合格を切に祈念する。

平成22年7月23日
TCI技術士第二次試験対策研究会



[ この書籍を購入する ]
※ お申込み受付後、3営業日以内に発送いたします。
※ 書籍と一緒にお送りするご請求書でお支払いください。
※ お客様のご都合による、返品・キャンセルは一切お受けできません。

表紙
  • 本書は平成20年9月に当社が発行した「技術士口頭試験マル秘対策」の改訂版である。第1章の内容および第2章と第3章の解説部分について、近年の動向や統計数値などを踏まえて改訂を行なったが、掲載した事例は同一である。
【内容】
1 口頭試験のすべて
1. 1 口頭試験の合格率
1. 2 口頭試験の試問事項と合格ライン
1. 3 口頭試験の採点方法
1. 4 試験委員の役割
1. 5 口頭試験における技術的体験論文の重要性
1. 6 技術的体験論文の課題
1. 7 技術的体験論文作成のチェック項目
1. 8 口頭試験の試問内容
1. 9 技術士等の義務および技術者倫理
1.10 口頭試験対策の重要事項のまとめ
2 口頭試験事例 <成功事例編>
事例 1 機械部門(機械設計)
事例 2 機械部門(流体工学)
事例 3 電気電子部門(電気応用)
    【技術的体験論文つき】
事例 4 化学部門(高分子製品)
事例 5 化学部門(セラミックス及び無機化学製品)
事例 6 化学部門(化学装置及び設備)
事例 7 金属部門(金属材料)
事例 8 建設部門(鋼構造及びコンクリート)
    【技術的体験論文つき】
事例 9 建設部門(施工計画、施工設備及び積算)
    【技術的体験論文つき】
事例10 建設部門(建設環境)
    【技術的体験論文つき】
事例11 上下水道部門(下水道)
    【技術的体験論文つき】
事例12 衛生工学部門(廃棄物管理)
事例13 衛生工学部門(空気調和)
    【技術的体験論文つき】
事例14 農業部門(農芸化学)
事例15 環境部門(自然環境保全)
事例16 原子力・放射線部門(核燃料の再処理技術)
事例17 総合技術監理部門(電気電子−電気応用)
    【技術的体験論文つき】
事例18 総合技術監理部門(電気電子−電子応用)
    【技術的体験論文つき】
事例19 総合技術監理部門(建設−都市及び地方計画)
    【技術的体験論文つき】
3 口頭試験事例 <失敗事例編>
事例20 機械部門(材料力学)
事例21 衛生工学部門(空気調和)
    【技術的体験論文つき】
事例22 情報工学部門(情報ネットワーク)



株式会社 新技術開発センター
〒102-0082 東京都千代田区一番町17−2 一番町ビル3F
TEL 03-5276-9033 FAX 03-5276-9034
e-mail: